11月30日(月)に志摩観光ホテルで日帰りの研修を行いました。通例であれば、東京で国際福祉機器展の見学や帝国ホテルでの社会人になるためのマナー講習を実施しております。コロナウイルス蔓延のため今年は行事がすべて中止される中、2年生の研修を今年度は志摩観光ホテル様にお願をし、社会人になるためのマナー講習とケアルームの見学講習を実施しました。

当日、お昼過ぎに賢児島駅に到着し全員で歩きながら志摩観光ホテルに到着、社会人になるためのマナー講習を実施しました。コース料理をお願いし、”テーブルマナー”についての講習から始まり、マナーや作法について楽しく、わかりやすい講習をしていただいた後、コース料理をいただきました。学生はコロナに配慮しながら、静かにいただいていましたが、料理終了後に”初めて食べた””楽しかった””おいしかった””勉強になった”など様々な声が聞こえました。食事が始まってすぐに、伊勢志摩サミットで料理を担当された、志摩観光ホテルの樋口総料理長から挨拶をいただき、教員・学生一同感動をしました。また、ホテルのきめ細やかな配慮(海鮮がたべれない学生に対して早急に対応していただいたこと)にも教員・学生一同感動しました!

その後、館内を案内していただき、サミット会場を見学・撮影やサミットでの秘話等聞かせていただきました。最後にケアルームを見学させていただきました。”一流とは””おもてなしの心”また改めて”ホスピタリティー精神”を学ぶ研修となりました。一日有意義な研修を実施していただきまして、志摩観光ホテルの講師の先生、スタッフの皆様本当にありがとうございました!2年生は国試に向けてエンジン全開で頑張りましょう!!