令和元年11月17日(日)イオンモール鈴鹿にて、みえ介護フェア2019が開催されました!昨年からALLMIEで各団体が様々な事を行っていす。養成校は昨年学生の座談会でしたが、今年度は介護寸劇”学生による介護ワンポイントレッスン”を行いました。衣類の着脱、杖歩行、食事介助、車イスの移動を在宅で暮らす、祖母(鈴鹿三重子さん)を孫娘(鈴ちゃん、介護学生)がデイサービスに向かうまでの設定で行いました。当校、三重介護は最後の車イスの移動を1年生の3人の学生に行っていただきました。当日は3人とも朝から緊張気味で”お腹が痛い”や”気持ちが悪い”といっていましたが、当日までの3ヵ月、教員と一緒に練習してきました。本番になると、朝からの緊張状態がウソのように、大変素晴らしい劇を演じていただました。また、1.2年生の学生も応援に来ていただいている姿をみて、教員として大変嬉しく思いました。

午後からは三重県介護福祉士会の三重介護技術コンテスト当校の卒業生、松本知也君(19期生)が昨年に続き、入賞(昨年度・優勝、今年度・準優勝)され表彰されており、当日観に来ていた在校生たちも”かっこいい”と言っていました。最後、松本君とお話ししましたが、”また来年頑張る”と言っていました。

今年も残り1ヵ月半となりました。平成から令和と新しい時代を迎え、次年度に向けて頑張っていきたいと思います。